【口コミ】成城石井で見つけたバター・ブースト・コーヒーのリアルレビュー|通販で買える?原材料や成分は?

成城石井で買い物をしていたら、バター・ブースト・コーヒーというペットボトル入りの飲料を発見、早速購入してきました。

味はもちろん、原材料や栄養成分など実食レビューしていきます!

目次

成城石井で見つけたバター・ブースト・コーヒー

バターコーヒーのコールド飲料といえば、これまでファミマのバターコーヒーが一番メジャーでした。

ファミマのバターコーヒーはカップ飲料でしたが、バター・ブースト・コーヒーはペットボトル。

フタができるので便利です。

バター・ブースト・コーヒーの値段

成城石井で見つけたバター・ブースト・コーヒーは、税込 215円

ファミマのバターコーヒーが税込198円なので、それより少し高いです。

ただ、バター・ブースト・コーヒーのほうが10ml多く、ペットボトル入りで途中でふたができ、持ち歩きやすいことを考えると、さほどの差とは思えません。

ただ、次で詳しく検討していますが、MCTオイル、ギーの含有量を考えると、ちょっと割高かなと思います。

バター・ブースト・コーヒーの原材料・栄養成分表示

バター・ブースト・コーヒーの原材料・成分表を確認してみます。

バター・ブースト・コーヒーの原材料

読みにくいので書き出します。

コーヒー(コーヒー豆(ペルー・ホンジュラス))・MCT(中鎖脂肪酸油)・ギー(バターオイル)・乳化剤

非常にシンプルです。

添加物も乳化剤程度しか入っておらず、体に優しそう。

しかし、バターそのものは原材料ではなく、ギーなんですよね。

なつめのアイコン画像なつめ

バターコーヒーではなくて、ギーコーヒーなのでは・・・?

バター・ブースト・コーヒーの栄養成分表

1本(250ml)あたり

エネルギー 55kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 4.5g
炭水化物 2.6g(糖類0g)
食塩相当量 0.03g

ファミマのバターコーヒーとどう違う?

コンビニで買えるバターコーヒーといえばファミマのバターコーヒーです。

原材料や栄養成分などはどう違うか比較して見ましょう。

バター・ブースト・コーヒー
新バージョンのファミマバターコーヒー

比較してみると、原材料は両者にさほどの違いは見られません。

しいて言えばバター・ブースト・コーヒーのほうが原材料が分かりやすく、また余計なものが入っていないように見えますが、両方とも乳化剤は入っているし、実質的にはさほどの差がないように思えます

栄養成分表も確認して見ましょう。

ファミマのバターコーヒーの表示は100mlあたりなので、これを1本分に換算して比較します。

バターブーストコーヒー(250ml)ファミマバターコーヒー(240ml)
カロリー55kcal 158.4kcal
たんぱく質 0.9g 0.96g
脂質 4.5g16.57g
炭水化物 2.6g1.44g
食塩相当量0.03g0.22g

カロリーに大きな差が出ました。この差は、脂質の量の差とみて間違いないでしょう。

MCTオイル、ギー(バターオイル)のカロリーはともに、100gで900kcalほど。つまり1g=9kcal

MCTオイルは小さじ1=4.5〜5gほどなので…

カロリーから考えても脂質の量から考えても、バター・ブースト・コーヒーに入っているMCTオイルとギーは、合わせても小さじ1杯程度ではないか?と推測されます。

なつめのアイコン画像なつめ

ちょっと少ない感じがしますね

バター・ブースト・コーヒーをコップに入れてみた!

バター・ブースト・コーヒーの分量は250g。細身の容器なのですが結構はいっていますね。

一般的なグラスに入れるとギリギリでした。

よく振ってはみたものの余り泡立ちませんでした。

なつめのアイコン画像なつめ

頑張って振ってはみたのですが、専門店のバターコーヒーのようには泡立ちはしませんでした

バター・ブースト・コーヒーはどんな味?

早速飲んでみます!

まず、一口飲んでみての感想は・・・わりと苦い!ということ。

甘さがないのはファミマのバターコーヒーも同じなのですが、よりブラックコーヒーに近い感じがします。

バター・ブースト・コーヒーは、バターそのものではなく、バターオイルであるギーを使っているからでしょうか。

舌触りはさらっとしており、飲みやすい。

原材料のところで検討したように、MCTオイル、ギーの量は小さじ1杯程度と控えめなため、普通のコーヒーにちかいのです。

バターやMCTオイルが多いと、あぶらっぽくて苦手、という方でも飲みやすいと思います。

バター・ブースト・コーヒーは通販でまとめ買いできるのか?

バターコーヒーを健康やダイエットのために生活に取り入れる場合、継続することが大事です。

基本的には毎日飲むので、まとめ買いできると便利ですよね。

バター・ブースト・コーヒーはAmazonで箱買いできるので、その点とても便利。

なつめのアイコン画像なつめ

ファミマでもバターコーヒー飲料が販売されていますが、Amazonで取り扱いがないですからね…その上店舗によっては置いていない場合も多いので、買うのが少し大変なんです…

成城石井で見つけたバター・ブースト・コーヒーの口コミレビュー まとめ

バターコーヒーを続けてみようと考えたとき、選択肢は次の3つでしょう

  • 自分で作る
  • インスタントのバターコーヒーを活用
  • バターコーヒー飲料を買う

バターコーヒー飲料といえばファミマのバターコーヒーくらいしかないと思っていましたが、成城石井のバター・ブースト・コーヒーの登場で選択の幅が少し増えました。

  • 容器が蓋つきのペットボトルである
  • 普通のコーヒーの味に近く飲みやすい
  • 成城石井で販売していて買いやすい
  • 通販でまとめ買いもできる

とメリットは結構あります。

しかし、肝心のMCTオイルやギーの含有量が少ないようにも思えるので、バターコーヒーを始めている方にとっては、物足りなさを感じることもあるでしょう。

バターコーヒーってどんな飲み物なの?手軽に試してみたい!という方には、私はファミマのバターコーヒーをおすすめしていますが、売っていないこともあって手に入りにくいので、成城石井やアマゾンで手に入りやすいバター・ブースト・コーヒーでバターコーヒーデビューしてみるのもいいと思います。

もうちょっと継続的に、毎朝バターコーヒーを飲んでみよう、という場合は、手軽さと価格を考えるとやっぱり チャコールバターコーヒー がオススメかなと思います。

税込1杯あたり71円ほどとリーズナブルですし、職場などでも飲めるので続けやすいです。

自作のバターコーヒーも美味しいですが、攪拌作業などが必須になるのでちょっと面倒なんですよね…

なつめのアイコン画像なつめ

お試しならAmazonが送料込みでお得、セットでたくさん購入するなら公式ページからが安くておすすめです

それでは!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる