バターコーヒー作りに最低限必要な材料・道具について

バターコーヒーを自宅で作ってみたいな、と思っても、初めてのことだと何から準備すれば良いか分からないですよね

  • 必要な材料や道具がよく分からない
  • 準備は最低限に抑えたい

という方向けに、バターコーヒー作りに最低限必要な材料と道具についてまとめました。

バターコーヒー作りは、実はそんなに準備が大変ではありません。

ただ、完璧なバターコーヒーを作ろうと思うとちょっと値段が高くなる傾向があります。

詳しく見ていきましょう。

目次

バターコーヒーの材料

コーヒー

バターコーヒーはコーヒーがなくてはなりませんね。

バターコーヒーダイエットのバイブル的な本によると、コーヒーは「オーガニックなのカビなしコーヒー」と書いてあります。

もちろん、いいコーヒーを使った方が美味しいし体にもいいのは当然なのですが・・・

正直、価格も高いし手に入りにくい!

コスパのバランスを考えると、普通のドリップコーヒーでいいんじゃないかなぁと思います。

インスタントコーヒーでも作れなくはないですが、せっかく攪拌などの手をかけるのですから、一手間かけてトリップするのがおすすめです。

バター

正式なバターコーヒーの作り方では、バターコーヒー用のバターはグラスフェッドバターを使用することになっています。

グラスフェッドバターは少しずつ手に入りやすくなってはいますが・・・やはり値段が高めです。

あまりに高いとなかなか継続もできなくなるので、私はちょっと高めのいい無塩バターで代用しています。

MCTオイル

バターコーヒーにはバターの外にもう一つのオイル、MCTオイルを入れます。

バターコーヒーなんだから、バターさえ入っていればいいじゃない、と思うかもしれませんが、バターよりもむしろMCTオイルの方がいい仕事をするので、是非MCTオイルは入れて下さい

MCTオイルは大きめのスーパーなどでも比較的手に入りやすいです。

MCTオイルについて、分子構成から効果効能、おすすめの使い方までまとめましたので、ぜひご覧ください。

MCTオイルの選び方のポイントと、こだわり別おすすめのMCTオイル」にて、選び方のポイントやおすすめの商品をご紹介しています。

MCTオイルは原材料がココナッツの商品が多いですが、ココナッツオイルとは成分や効能が異なります。バターコーヒーに入れるのはココナッツオイルでもいいのではないか、と思う方は、ぜひ「バターコーヒーに入れるのはココナッツオイルで代用できる?MCTオイルとココナッツオイルの比較」もご覧ください。

バターコーヒー作りに必要な道具

攪拌する道具

バターコーヒーは、バターにただコーヒーを混ぜただけでは単なる油っぽいコーヒーになってしまっておいしくありません。

バターコーヒー作りで一番大切な行程、それは攪拌です。

バターコーヒーを攪拌する道具はいくつか考えられますが、一番おすすめなのはハンドミキサー(クリーマー)です。

詳しくは「バターコーヒーの混ぜ方(攪拌方法)3パターンおすすめはどれ?」をご確認下さい。

コーヒーフィルター・ドリッパー

せっかくバターコーヒーを作るのですから、コーヒーはインスタントではなくドリップを私はおすすめしています。

1杯ずつ作れるカップオン型のドリップコーヒーでは不要ですが、豆を買ってきた場合にはドリッパー・フィルターは必須です。

フィルター・ドリッパーもピンからキリまでありますが、安いものは100均で手に入ります。

マグカップ

バターコーヒーを飲むための容器です。

私のように、面倒だからバターコーヒーの攪拌作業をマグカップでやろう、という場合には、マグカップはなるべく大きなものを用意してください。

盛大にこぼれます。

バターコーヒーに必要な材料・道具 まとめ

バターコーヒー作りに最低限必要と思われる材料と道具をまとめました。

バターコーヒーの材料はシンプルに3点

  • コーヒー
  • 無塩バター
  • MCTオイル

バターコーヒー作りに最低限必要な道具は

  • 攪拌する道具(ハンドミキサーがおすすめ)
  • ドリッパー・フィルター
  • マグカップ

バターコーヒー作りは、実は思ったより簡単に始められます。

普段からコーヒーをドリップして飲む習慣のある方でしたら、ちょっと材料を足して攪拌するだけ。

ぜひ、試してみてください。

それでは~

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる